キングコング

本日は、キングコング 髑髏島の巨神を見に行きました

小さいころ、ゴジラやら恐竜やら怪獣が好きだったので、この手の映画は今でも胸躍るものがあります^^

また時代背景がベトナム戦争が終わった直後(1973年)というのも良かった

あと、地球空洞説(実は地球は空洞になっていて、絶滅したはずの恐竜やらマンモスが未だ生息している!という^^夢のある説です)などのトンデモ論などもあり、幻想を膨らませてくれるところも良かった

なんでも、2020年にゴジラVSコングが上映されるそうだ

今回の作品は、その序章なんだとか

最後の最後にその伏線が描かれていたね

なので、エンディングは最後まで見るべし^^

 

コングは、島の秩序を守る守り神のような存在

人間は・・・島の秩序を壊す無法者

戦争が終わっても戦いたい人たち・・・

などのメッセージ性もあり、ただただ迫力のある怪獣映画というわけではなかった

迫力あり、バトルあり、メッセージ性もあり!あと時代背景のなんというか味も良かった

 

ということで、なかなかのお勧め映画でした

ご興味のある方はぜひご覧になってくださいませ!