本当の強さをみて

柔術家の中井氏と作家増田氏の対談本だ

武術なり格技を学んでいる人には必須なんじゃぁなかろうか

中井さんの思想が素晴らしいです

排他的じゃぁないところなんかが抜群に素晴らしいです

良いものは良い

他流を批評しない、認める

学べるものはどんどん学び、自分の糧とする!なんてスタンスが良いんです^^

武術界でも自流のみ!他を取り入れてはダメ!なんてスタンスが多いらしいが…

自分は武術はじめて2年目なんで、他流の批評はできないんだが

治療業界なら、まぁキャリアがあるので少しは言っても良いかな?

うん、治療業界(技術系)でも結構多い

排他的なスタンス・・・

自流が一番良い!(これは良い^^自分もそう思っているし、自営者は皆そう思っているのでは?)

しかし、その他は全部ダメ!もしくは、ほとんどダメ!

なんて所がけっこう多いんだよねぇ

そういうスタンスにはウンザリする

なんでか?その他大勢に自分もふくまれていることになるから^^

あと、そういうことを謳っている所ほど

カルトっぽさがあったり、カリスマ教祖(嫌な意味で)っぽい人が多いように見受けられる

ということで、排他的スタンスは嫌なんだねぇ~

と言いつつも

自分もそういう人たちを排他してたりして

まさに鏡の法則

人のふり見て我がふり直せ

とは、こういうことなんでしょう

ということで、私も排他的にならぬよう気を付けることにします_(._.)_

 

本日はこれにて!